Blogging page

事業資金の調達知人や親族は要注意

事業資金を調達する時に、審査などなく一番借りやすいのは、親族や知人などからの融資です。口約束での返済は行ってはならず、必ず、返済計画を記載し、書面に拇印を押して相手方に渡さないといけません。

事業資金の調達に対して書面に残す事は、トラブルを防ぐだけではなく、贈与とみなされる事もあります。事業が軌道に乗れば、贈与とみなされないためにも、優先的に債権者へ返済していく必要性があります。

付加価値の高い金の先物

  • 2014年7月14日 at 10:10 AM

昔から金の価値は変わることなく希少価値が高い金属なので、初めての先物取引の商品として最適なものです。リスクリターンの基礎を金の先物で実践して学びながら安定した成功を勝ち取ることが可能です。

金の先物を自動で行う前に手順をしっかり学び、そこから自動取引設定すれば、あなた様の収入は大きなものになっていきます。